旅の小箱

2003年 5月 8日
2007年 5月 1日
2014年11月 6日
試運転開始
移転
再移転
管理人:S・A
     

Contents

DQ関連

咲-Saki-シリーズ関連

Others
 更新履歴
最新更新日 2017年7月26日

「くろちゃん日和28~夏の訪問者~」


ちょっと久しぶりの更新です。
何とか夏に間に合いました、が
もうちょっと文章を追記したいので、それはできれば近日中に。


※上記のリンクをクリックすると、くろちゃん日和シリーズのページに。
 左の画像をクリックすると、今回の話に直接移動します。






「咲 阿知賀編ヒストリー~年表(阿知賀女子学院のあゆみ)~」


1年ぶりにコラム咲阿知賀編のページに収録
タイトル通り、阿知賀女子学院に関する年表です。
(※左のタイトル絵は、阿知賀編6巻発売時の文教堂特典を縮小したもの)


2017年5月4日 内容を更新しました。

「2015年3月15日」

これまただいぶ今さら感がありますが。
玄ちゃんお誕生日に向けて作った動画(その2)をアップしてみました。

前回の動画→「2014年3月15日」

雑記 前回の雑記 2017年8月4日
8月12日



8月12日というと、咲阿知賀編の連載が始まって6年にあたる日でして
去年は肩が痛くなりつつ、記念絵を仕上げたりしてました。
あれからもう1年なんですね、早い。


で、今年は今年で頭が痛くなるよーな状態に
前回の雑記に書いたように、ちょっと漫画に挑戦してみたくなったのですが


線画すら終わらない。
きついきつい。つらいつらい。
左のこれは冒頭の2ページですが
※台詞もコマの枠線も入れてないのでわかりにくいと思いますが
 玄ちゃんが勉強を教えている場面です。
これから修正して、フキダシと台詞入れて、ベタやトーンの処理をして
背景描いてとか、後に控えてる工程を考えると、気が遠くなります。

折しもこの時期、関東ではコミケが開かれているようですが
作品出してる人って…すごいですね…
前々から思ってたけど、これだけのことでもより一層実感しました。
はー




ところで、漫画やら文章の追記やらの参考と、上述の6周年ということもあって
改めて阿知賀編の漫画を読みなおしてたりしていたのですが
今頃になってちょっと「?」となったことが。


というのは阿知賀編第1巻第3局にて。
晩成を倒し、奈良県予選を制して全国大会行きを決めた阿知賀女子が、
大会までの間に各地の実力校のところへ遠征しにいく、という場面。



「これからインハイまでに土日が7回はあるから
 毎週2泊3日で全国各地のナンバー2を倒しにいく!」




赤土さんはこのように話していて、
実際その後全国のナンバー2のうち7校と対戦して6勝1敗の成績をあげました。
そうかそうか、7回の土日で7校と対戦したわけだねーと、
これまであまりよく考えずに読んでいたのですが。

でもこの遠征の後、さらに「明後日の夏休みから10日間の合宿+数日の休み」を経て全国へ出発なので
少なくみても合宿前後で2週間は使っています。7校遠征=7週間だとすると合わせて9週間です。
そこまでかける時間が果たしてあったのでしょうか?



もう少し詳しく考えてみると、清澄が龍門渕などを下して全国出場を決めたのが6月初旬。
(※本編1巻第3局にて部長が「来月頭に県予選がある」と明言しています)
仮に長野県予選及び決勝が6月1日・2日だとすると、
阿知賀が龍門渕へ遠征に行ったのは、予選終了から1週間後の土日ですから最速で6月8日
(※阿知賀編第3局のガンガン掲載時及び単行本初版には日付がはっきり見える
 6月のカレンダーのコマがあるのですが、後にぼかし表記へ修正されているので参考にできません)
すると7校目の真門女子のところへ行くのが7月20日。
ヒストリーにも書きましたが、全国大会開会式が8月4日なので、前日に出発したとして8月3日。

以上のことから、真門女子遠征終了(7月21日)~全国出発直前(8月2日)までの期間は最長で13日。
夏休みは明後日からで、10日間の合宿と合わせて12日間ですから
どうがんばっても「数日の」休みが取れません。1日だけやん…
しかもこれはあくまで部長の言う「来月頭」が
文字通り6月に入ったばかりの1日・2日だった時にのみ成立するもので
2日・3日だったら休みなし、3日以降だったら、そもそも10日間の合宿すら不可能です。
それに団体戦の後、個人戦だってあったわけだし、だから龍門渕の都合も考えると…あれ?



じゃあ、無理なスケジュールだったのかー?というところですが…いや、それはまだ早計。
合宿前後ははっきりかかる日数が明言されているので、2週間ほどかかるのは確定している。
ならば、短縮しうるとしたらその前の、「7校遠征=7週間」というところ
よくよく見れば、赤土さんが決めたのは「毎週2泊3日で全国各地のナンバー2を倒しに行く」のであって、
毎週「1校ずつ」回ったなんて、言ってないのです。




ということで、阿知賀勢が遠征に回った7校の所在をもう一度確認してみましょう。

ヒストリーにも以前まとめておきましたが、長野県龍門渕を筆頭に、
泉水女子(京都)→三箇牧(北大阪)→籠池(兵庫)→駿府女(静岡)→片瀬乃木(神奈川)→真門女子(千葉)

最初に行った龍門渕については、衣が練習試合が1日目・2日目とあったことを明言していますし
長野ローカルで放送された長野予選の録画を見せてもらったりしていますので
かなり時間をかけており、間違いなくこの週末に通ったのは龍門渕のみです。
遠征第1校目であり、和と特に関連の深い学校であり、そして練習試合で敗れた相手でもあるので
ここで時間の許す限り特訓に励むのはむしろ当然のことでしょう。


で、この後ですが、京都・北大阪・兵庫といずれも長野に比べればよほど近場、近畿圏で3校続きます。
 ※ただし、改めて調べてみると籠池は愛知にもあるらしいです。
  どうでもいいけど、籠池で検索すると、今年とかく有名だったお名前の方が出てくる。仕方ないけど。
兵庫(or愛知)はともかくとして、京都・北大阪は2泊3日どころか、日帰りで十分帰ってこれる範囲です。


たとえば京都に遠征して泉水女子と対戦⇒京都で一泊して、翌朝三箇牧へ⇒試合後、阿知賀へ帰郷
というふうに同じ土日のうちに2校回ったとしても、それほど不自然ではないと思います。


ただ、ご存知の通り三箇牧の荒川憩さんは全国トップクラスの実力者で、
団体はともかく、個人では龍門渕同様、勝てなかった相手なので、
限られた時間で終わらせるには特にもったいない相手であることもちょっと考慮に入れるべきかもしれません。
とはいえ、前半3校の訪問時期は必然的に6月中旬~下旬で、おそらく期末試験の時期にあたるため
阿知賀女子自身もさることながら、相手校の生徒にとっても
あまり長い時間はとってやれないかな~といった都合があったとしても、おかしくはありません。

…で、互いの部の都合もあって切り上げざるをえなかったけど、
荒川さん自身は、団体では負けていたこともあり、「もうちょっと対戦したかったな」と感じていたので
東京に行った後の、阿知賀から来た特訓の依頼に仲間まで誘って応じてくれた
…とも考えられなくもない、かな?なんて。



そして、後半の3校、静岡、神奈川、千葉。
前半の3校もさることながら、むしろこちらの方がより連続で行った可能性の高いコースであると思います。
というのは、要するに遠すぎるのです。
静岡行って奈良へ戻り、翌週神奈川へ行って奈良へ戻り、さらに翌週千葉へ行ってまた奈良に戻る。
往復だけでものすごい時間がかかってしまいます。
だんだん奈良から離れていくこの位置関係から考えると、
静岡⇒神奈川⇒千葉と回っていった方が、よほど時間のロスが少なく済むはずです。

まあさすがに遠方の3校を一回の週末で回りきるのは無理があるでしょうけど、
少なくとも、神奈川⇒千葉はいっぺんに行くべきですし、実際そのようにしていた節が作中にあります。


それは第3局にて東京に向かう途中、浜名湖のサービスエリア(怜たちと出会ったところ)にて


「東京まであとどれくらい?」
「3時間はかかるって」
「うわーとおいー」




何気なーい会話ですし、奈良から東京まで遠いのももちろんなのですが
一気に行った場合、東京より、この前行ったばかりの千葉の方が明らかに遠いのです。
体感的には「東京も遠いけど千葉よりは少しまし」なはずで
ことさら「とおいー」と言及することでもありません。

ということは、遠征時にはまず東京よりも手前である神奈川でいったん一日を過ごして
その後、その足で千葉へ向かった、と考えるのが自然だと思うのですが、いかがでしょうか。




さて、ここで問題になるのは、仮に神奈川・千葉と続けて行ったとして、
遠方2校への遠征を消化しきれるほどの時間が週末にあるのか?ということなのですが
実は、この問題を解消してくれる存在が7月にはあります。

そう祝日、「海の日」です。海の日は制定された時点では7月20日に固定されていましたが
2003年からは7月第3月曜日ということになりました。当然咲の世界でも7月第3月曜でしょう。
ということは7月の第2土曜日からの週末は確実に3連休なので、他の土日よりも1日休みが多い。
遠い学校にもう一つ遠征できる時間を作ることが可能になるのです。

そして上述の通り、海の日は7月第3月曜ですから、範囲は7月15日~21日の間です。
阿知賀は私立校なので一概には言えませんが、
学校が一般的に夏休みに入る「7月21日」のおおむね直前に、「海の日」の祝日があります。
海の日を含めた3連休で神奈川・千葉への遠征を終え、そのあと「明後日から夏休み」という
赤土さんが挙げたスケジュールとかっちりつながるというわけです。

ちなみに夏休みが7月21日からだとすると、東京へ出発する8月3日までの猶予は13日。
「10日間の合宿+数日間の休み」という条件もクリアです。



ということで、遠征7校のうち、現地で宿泊しつつ何校かを続けて訪れることで
この遠征・合宿プランは十分にクリアできる!ということでした。
いやー考えてみれば何とかなるものですね。




 
 
  DQ関連
本来のここのメイン。9より後のDQに手を付けられてないので、あいにく最近の情報は追えていないのですが・・・

もともとDQ7とフォズが好きで始まったHPです

フォズ(ドラゴンクエスト7)
※公式デザインではないですけど
がらくた置き場
   
  
   (14/10/28)
DQ関連で自分で描いたイラストが掲載されております。
名前通りの「がらくた」レベルなので質は推して知るべし、です、ハイ。

 ※2005年頃、1万カウントを機にまとめたもの→「血迷いの歴史」
 台詞集
   (09/06/29)
ゲームにおけるフォズと彼女に関する台詞をまとめて置いています。
 ※ドラゴンクエスト7(PS版)及びキャラバンハートについては、ほぼ完成しています。
 ※3DS版については未収録です。
 SS小箱
   (05/11/13)
今までに書いた小説モドキの一部。
 ※未完で止まっているシリーズが2つほどあるのですが・・・どうする気だ自分
100の質問
   (05/02/13)
「DQファンに100の質問」のページから、質問をお借りして回答させていただきました。
今ではこの質問ページもなくなっているのですが、せっかくなので引き続き置いておきます。
DQ9が出る前ですからだいぶ古いですけどね。
 
 
    咲-Saki-シリーズ関連
主に阿知賀編、そして松実 玄(まつみ くろ) いつの間にやらどっぷり浸かってしまった人の記録

『阿知賀こども麻雀クラブ』
松実玄
ギバード桜子・山谷ひな・志崎綾
コラム咲阿知賀編
   (17/05/04)
咲-Saki-シリーズ、特に阿知賀編に関するキャラクター等について
今までいろいろ書いてきた文章をまとめたページです。
コラムシリーズと、探訪レポートを掲載しています。
  画像集
   (16/05/08)
文字通りの画像集。デジタルだったりアナログ(絵馬・色紙)だったり
また、2013年春以来しばしば訪れるようになった吉野関係のイラストもここに含めています。
くろちゃん日和
   (17/07/26)
こちらもイラストですが、阿知賀こども麻雀クラブの子どもたちとの関わりに特化したもの
横の画像もそうなのですが、いかにも凸凹っぽいこの組み合わせが好きなもので。
 
 
 Others
 「それ以外」 つまり上記2つのシリーズ以外で個人的に気に入っているキャラクターを紹介していければ。 ※なお、オリジナルも含みます。

オリジナル魔女
パフィ・シャーベット
Category:魔女
   (14/10/28)
自分たち自身で魔女(または魔法使い)と名乗っている
逆に、自分が望む望まないに関わらず、周りから魔女として扱われている
または、魔法界・魔界などを故郷としている、そんなキャラクター
Category:天使
   (11/03/05)
種族として天使(またはエンジェル)に該当するものや
厳密に言うと、一般人やエスパーにあたるかもしれませんが
周囲から何らかの形で天使と呼ばれているキャラクター
Category:妖精
   (10/09/25)
妖精、と一くくりにしていますが、「魔女や天使ではないけど、やはり普通の人間ではない」
そういうちょっと変わった存在。またはそういう存在と関わりを持ったキャラクター
Category:一般
   (11/09/12)
一口に「一般」といっても、個性的な性格だったり、外人さんだったり、
家庭環境が波瀾万丈だったりしますが、基本的には一般人の皆さんです
Category:ロボ
   (06/01/02)
文字通りロボットです
 ※ただしカテゴリーとして作ってはいますが今のところνガンダムだけです。
  他にも描いてみたいのですが、難しくて難しくて
Collaborations
   (12/01/23)
「コラボレーションズ」
えー・・・と、平たく言えば、ごちゃまぜなコーナー。平たくないですか?
     
    旅の宝箱
   (05/11/27)
いただきものを保管しておくための場所です。
まさか、こういう項目を作れる機会が自分にもあるとは・・・
 
     旅の扉
   (06/01/03)
要するにリンクです。
今のところはリンクフリーの二箇所と繋がせていただいて
・・・いたのですが、どうやらどちらも閉鎖してしまったみたいですね
 


Internet Explorer6.0で動作を確認。フォントサイズは中を基準にしています
何かお気づきのことがありましたら whitetb(アットマーク)cosmos.ocn.ne.jpまで