『くろちゃん日和39〜思い出の道〜』


いつか歩いたあの道
あなたと出会った、歩いたその道

出会いがあれば、別れもあったけど
楽しいことも、辛いこともあったけれど

いつかまた、一緒に、この道を歩いて行けたらいいなぁ…


 




右から左へ、背景は大きく4つに分かれていて
再会もつかの間、長野へ転校していく和を見送った時期
和も穏乃たちもおらず、4人(+宥姉)で過ごしていた時期
阿知賀女子学院麻雀部が復活した前後のこと
現在進行中のインターハイ、そしてそれが終わった後のこと
配置の関係で前後を入れ替えている部分もありますが
だいたい右が過去のことで、そこから左へ行くほど未来の話、というふうにしてあります。



今回新たに描き起こした部分
エトペンのキーホルダーをつけたモップを持って歩いているという
コンセプトは以前描いて、今回の中央に使った絵と一緒なのですが
子どもたちが成長したということで、身長差は考慮しました。

今さらな余談ですが、私が描く玄ちゃんには、まつ毛のところにピン、とはねた部分があります。
最初からそうだったというわけではないのですが、意識してつけるようになりました。
なんでかというと、「あぐり先生の描かれた玄ちゃんにこれがあるから」ですね。
(コマの大小等によっては省略されてる場合もありますけど)

阿知賀編が始まってはや8年。完結して6年。
この間に、ありがたいことに、小林立先生を始め
いろいろな方が手がけられた玄ちゃんを見ることができましたし、もちろんそれも好きなのですが
その中でも、一番好きなのは、やっぱりあぐり先生の玄ちゃんなんだよなぁ…
というリスペクトの気持ちなのです。






改めて並べてみると、玄ちゃんが笑ってるシーンを結構描いてきたなぁ…って
辛い時期もあったし、現在進行形で難局にぶちあたっている最中ですが
最後にはやっぱり、心から笑っていてほしいです。


それでは、今回はこの辺で。


前の話へ  次の話へ くろちゃん日和へ  最初に戻る
ここが最新です くろちゃん日和 旅の小箱